アールエスティ住宅流通有限会社

ウインターカップが今年の協賛をさせて頂きます

無料査定 ご来店予約 お問い合わせ

ウインターカップが今年の協賛をさせて頂きます

ウインターカップが今年の協賛をさせて頂きます

2022/12/06

いつもご覧頂きありがとうございます。
大浦です。

もうすぐ高校バスケの祭典。
『冬のウインターカップが開催されます。』
センチュリ21はオフィシャルスポンサーとして、
大会に協賛させていただいております。
滋賀県からは、
近江兄弟社高校(女子)
光泉カトリック高校(男子)が
出場されます。
ベストを尽くしてください(^^♪

さて2022年も残すところ約1月です。
2022年の大きな住宅業界のニュースはといえば住宅ローン控除の見直しかと思います。

2022年の住宅ローン控除の制度は大きく分けて3つ変更になりました。
・控除率が1.0%⇒0.7%
・新築(一部の中古住宅を含む)の控除期間が10年⇒13年に
・借入残高の上限は、省エネ性能毎に4つに振り分け
変更の背景には住宅ローンの低金利、省エネ住宅の普及を増やす。等があるそうです。
少し損になった制度のように見えます。
ただ、0.7%は最大の控除率です。住民税・所得税の合計が0.7%を下回っていると、
13年間に期間が延びた分、今回の方が得の世帯もございます。
例えば、
省エネ基準に適合する住宅で4000万円の借入。
所得税・住民税の合計が20万円の場合。(年収換算の平均で450万円程です)
4000万円×0.7%=28万円>20万円
20万円×13年=260万円←新制度
20万円×10年=200万円←旧制度
いかがでしょうか?
このようにシュミレーションをすると、購入される物件によっては、特になるケースもあります。
基本的に低金利の今は買い時です。
是非一度、ご相談くださいませ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。