アールエスティ住宅流通有限会社

リースバックについてご相談頂きましたので、詳細について解説します

無料査定 ご来店予約 お問い合わせ

リースバックについてご相談頂きましたので、詳細について解説します

リースバックについてご相談頂きましたので、詳細について解説します

2022/09/26

いつもご覧頂きありがとうございます。
大浦です。
最近、お客様との相談でリースバックの相談を受けましたので、
そちらについての詳しいお話をさせて頂きます。


最近テレビのコマーシャルやインターネット広告等で
リースバックというワードを耳にされること多いのではないでしょうか?

リースバックとは、簡単にいうと、
自宅を売却。現金化して、所有権を新たな買主様に譲ります。
その後、売却した家から引越すことなく賃貸物件として住み続けることができる
取引形態のことです。
買主様目線からみると、投資物件を購入するようなイメージでしょうか?
 

「自宅を売却して大きなお金を得ながら、賃料のみを払って同じ場所に住み続けられる」という大きなメリットがある一方、世の中にはまだあまり広く流通していない為、「利用しても大丈夫なの?」という不安を考えてしまうかと思います。


売却の理由は人によって様々です。
今回のお客様は、保護犬を複数匹飼育されており、
諸事情で急きょに纏まったお金が必要となりました。
即現金化が必要かつ引っ越すにも大量のわんちゃんがいる為、
別の賃貸に住み変えるのが難しいというケースのお客様です。
仲介販売も提案しましたが、即現金が必要なのでNG。
買取りも提案しましたが、即現金化はできるが引越先が見つからないのでNG。
リースバックがベストな選択肢だと、私とお客様で判断いたしました。

こちらのお客様とは、引き続き面談中ですので、少しでも良い条件でお取引できるよう、これからも頑張ってまいりたいと思っております(^^)/
 

本記事では、リースバックの簡単な解説に加え、
注意点を私の目線でお話させて頂きます。
この記事を良い「きっかけ」にして頂き少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。


冒頭でも説明しましたが、リースバックとは、今住んでいる持ち家を売却し、
纏まったお金を手に入れながら賃貸物件として住み続ける方法です。

メリットとして

・資金用途に制限等はありません。
・生活費の他や教育費、医療費など資金の使い道は完全に自由です。

・引越が無い為、引っ越しの費用等もかかりません。
・固定資産税も払わなくて良くなります。
・最短1週間程で現金化も可能です。
・近所の方に知られずに売却することもできます。
・売却後も再取得の可能性も残ります。再度買主様から買い戻す契約。
→売却価格に関しては、予め〇年以内だと、○○万円や、別途協議等を
 リースバック契約時に設定しておきます。

上記の話だけを聞いていると、良い制度だと思うのではないでしょうか?
ここからは、良いことだけではないプロの目から見た、
デメリットをあげさせて頂きます。
・当然ですが、自宅の所有権がなくなります。
→相続等でお子様へ資産を残してあげれなくなります。
・毎月の家賃が発生します。

→売却時にローンが無い場合で、固定資産税等のコストを差し引いたとしても、
毎月のランニングコストは高くなると思います。

・売却価格は相場より安くなりやすいです。

・賃貸で住んでいても自宅の修繕は自分で行うことが基本となります。

→通常の賃貸借契約では、建物の修繕は賃借人が故意で壊していない場合、オーナーさんが修繕を行います。リースバックの賃貸者契約の場合、
オーナーさんは購入時に室内の状態を詳しく確認できません。

貸してすぐにあれもこれも壊れたとなると、さすがにオーナーさんも気の毒です。よって最初の契約で建物の修理は、賃借人の判断で行うことになります。

・一定の安定した収入が必要
→家賃を払い続けないといけないので、保証会社の審判も必要になります。

いかがでしょうか??
リースバックは便利な制度の反面、デメリットも多数ございます。
先ずはお気軽にご相談頂ければと思います。
お客様のライフスタイルにあわせた提案をさせて頂きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。