アールエスティ住宅流通有限会社

大津市内不動産でもマンション名に使われる用語の意味は? シィク・ライス・フィールド大津って!!!

無料査定 ご来店予約 お問い合わせ

大津市内不動産でのマンション名に使われる用語の意味は?

大津市ではマンション不動産に名前を付ける基準はあるの?

大津市内不動産でもマンション名に使われる用語の意味は? シィク・ライス・フィールド大津って!!!

2022/02/17

大津市内不動産でのマンション名に使われる用語の意味は?
 大津市ではマンション不動産に名前を付ける基準はあるの?

シィク・ライス・フィールド大津って!!!  

大津市内のマンションでよく使われるマンション名には、よく使われる用語があります。
 メゾン(maison) 
コーポ(corpo) 
シャトー(chateau) 
コンドミニアム(condominium)
 マンション名の付け方には何らかの規則があったり、 基準があったりすることはありません。 
 大手不動産会社が建築したマンションの場合は統一のブランド名が付けられています。  

「メゾン」や「レジデンス」といった名前は、

建物のイメージを表し、伝えることを目的に選ばれています。

シンプルな集合住宅であることを示したい場合には、それに合った「コーポ」などが使われることが多いのです。

 

何らかの基準がつくられていることはなく、庶民的なマンションが「レジデンス」を名のっても構いませんし、

反対に高級マンションが「メゾン」を名のったとしても問題ありません。

こうしたマンションの名前は、明確な名付けのルールはないものの、

マンションの全体の印象をつかむための判断材料になることもありますね。

名前も時代を経て、変わるものですね。

進化しているというか。深化しているというか。

 

でも一方で、

時代経っても変わらず使い続けられているフレーズがあったのも事実。

時代を超えたなんとか、ってものですね。

 

20年後、2042年にはどんな物件名称が主流になっているのでしょうか?

 

私の名前『太田』から『太い田んぼ』≒『Thick rice field』 ≒『シィク・ライス・フィールド大津』

なんてね!!!!

不動産相談受付中

コンタクトは画像をクリックね。

by太田マン

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。